オーナーズサイトメンテナンスガイド

フジ犬くん

洋室・廊下

日常のお手入れ

フローリングが汚れた

準備するもの
  • ・スポンジ(キッチンで使用しているものでOK )
  • ・中性洗剤(キッチンで使用しているものでOK )
  • ・タオル、雑巾(乾拭き用)
手順
  1. 1. 中性洗剤を薄めたものをスポンジに染みこませて硬く絞ります。
    ※薄める目安は500mlの水に対し2~3滴です。
  2. 2. 木目にそってなでる程度に軽くこすります。
  3. 3. 乾拭きをします。ここで汚れが落ちれば完了です。
  4. 4. 手順2、3で汚れが落ちなければ少しづつ強くこすります。
    ※汚れが落ちない場合は次項「フローリングの汚れが頑固なとき」をご参照ください。
ポイント
汚れが軽いうちに、1~4の工程を行うようにするのがベストです。

2. 木目に沿ってこする2. 木目に沿ってこする 3. 乾拭きをする3. 乾拭きをする

フローリングの汚れが頑固

準備するもの
  • ・スポンジ(キッチンで使用しているものでOK )
  • ・中性洗剤(キッチンで使用しているものでOK )
  • ・タオル、雑巾(乾拭き用)
  • ・スプレー
  • ・燃料用アルコール(落書き落とし等)
手順
  1. 1. 前項「フローリングが汚れた」の手順1~4を行います。
  2. 2. 燃料用アルコールを汚れている部分に垂れない程度にスプレーし30秒浸します。
  3. 3. 水で硬く絞ったスポンジで軽くこすります。
  4. 4. 乾拭きをします。
注意点
たわしや金属性の硬いものでこすると傷がつくため、使用しないでください。
汚れや落書きが付着する前に、清掃とワックスがけを行うと汚れが落としやすくなります。

2. 燃料用アルコールをスプレーする2. 燃料用アルコールをスプレーする 3. スポンジで軽くこする3. スポンジで軽くこする

フローリングが色あせた

準備するもの
  • ・カラーワックス
  • ・スポンジ
  • ・タオル、雑巾
手順
  1. 1. 床を水拭き、乾拭きの順で清掃します。
  2. 2. カラーワックスをスポンジに含ませ、塗っていきます。
    ※ムラにならないように注意してください。
  3. 3. 色が馴染むまで薄く重ね塗りして乾燥させます。
注意点
カラーワックスはホームセンターで購入できます。
色目の種類が少ないですが、近い色目を購入してください。

1. 床を水拭きする1. 床を水拭き、乾拭きの順で清掃 2. 乾拭きをする2. カラーワックスを塗る 3. ワックスを重ね塗りしていく3. 色が馴染むまで重ね塗りしていく

フローリングに小さな傷ができた

準備するもの
  • ・紙やすり(#800番程度、極細のもの)
  • ・傷隠し(ペンタイプ・クレヨンなど)ホームセンターに多数あります。使いやすいものをお選びください
  • ・一般ワックス
手順
  1. 1. 傷隠しで色づけします。
  2. 2. 紙やすりをかけます。
  3. 3. スポンジにワックスを含ませて硬く絞り、丁寧に叩くように塗ります。
  4. 4. 乾燥させます。ドライヤーを使用しても良いです。
注意点
ペーパーは強くこすらず、優しくなでるように使用してください。
ワックスはムラにならないよう少量ずつ塗布してください。

1. 傷隠しで色づけする1. 傷隠しで色づけする 2. 紙やすりをかける2. 紙やすりをかける 3. ワックスを軽く叩くように塗る3. ワックスを軽く叩くように塗る

フローリングに深い傷ができた

準備するもの
  • ・紙やすり(#800番程度、極細のもの)
  • ・フローリング補修キット(補修用はんだこて、充填材入り)ホームセンターに多数あります
  • ・ワックス
  • ・スプレー
  • ・ドライヤー
手順
  1. 1. フローリング補修キットに入っている充填材からフローリングに合った色目を選びます。
  2. 2. 補修材を傷と周辺に薄く塗り込みます。
  3. 3. はんだこてで温めて溶かしながら、深い傷を埋める程度に流し込みます。
  4. 4. 余分な充填材を定規などで取り除き、紙やすりをかけます。
    ※紙やすりはフローリングより盛り上がった充填材だけを意識してかけます
  5. 5. スプレーにワックスを入れ、充填した部分に吹き付けます。
  6. 6. スポンジで丁寧に伸ばし、ドライヤーで乾燥させます。
  7. 7. 周りの色と馴染むまで手順5~6を繰り返します。
  8. 8. 色が馴染んだら完了です。
注意点
はんだこてをフローリングに長い時間(3秒以上)あてすぎると焦げてしまうので注意が必要です。

2. 補修材を薄く塗り込む2. 補修材を薄く塗り込む 3. 深い傷ははんだこてで温めて流し込む3. 深い傷ははんだこてで温めて流し込む 4. 余分な充填材を取り除く4. 余分な充填材を取り除く

壁紙に隙間ができた

準備するもの
  • ・ボンドコーク 壁紙の色に合っているもの(数種類ありますが、壁紙が白系であればライトアイボリー)
  • ・スポンジ キッチンで使用しているものでOK
  • ・タオル、雑巾 乾拭き用
手順
  1. 1. 隙間だけにボンドコークを充填
    ※この時点で目立たなくなれば完了です。チューブは強く握らず少量づつ絞り出してください。
  2. 2. 隙間からはみ出た場合は、スポンジではみ出たボンドコークを拭き取ります。力を入れず優しく拭き取ると綺麗な仕上がりになります。
  3. 3. 綺麗に拭き取れたら、タオルで乾拭きして完了です。
注意点
ボンドコークがはみ出した部分の拭き取りを丁寧にしないと、しみ・汚れの原因となります。
壁紙に付着したボンドコークはしっかりと拭き取ってください。

1. 隙間だけにボンドコークを充填1. 隙間だけにボンドコークを充填 2. 隙間からはみ出た場合は、スポンジで優しく拭き取る2. 隙間からはみ出た場合は、スポンジで優しく拭き取る 3. タオルで乾拭きして完了3. タオルで乾拭きして完了

壁紙が汚れた

準備するもの
  • ・スポンジ(キッチンで使用しているものでOK )
  • ・中性洗剤(キッチンで使用しているものでOK )
  • ・タオル、雑巾(乾拭き用)
手順
  1. 1. 中性洗剤を希釈したものを、スポンジに染みこませて硬く絞ります。
    ※希釈の目安は500mlの水に対し2~3滴の洗剤の割合です。
  2. 2. 軽くこする(なでる程度)
  3. 3. 乾拭きをします。
    ※ここで汚れが落ちればOKです。
  4. 4. 手順2.3で落ちなければ、少しづつ強くこすります。ここで汚れが落ちれば完了です。それでも落ちない場合は次項「壁紙の汚れが頑固なとき」をご参照ください。
注意点
強くこすりすぎると、壁紙が破けたり壁紙を痛める原因になりますので、力を入れずに優しくこすることがポイントです。
強い洗剤を使用するとしみ・汚れの原因になるため、必ず市販の中性洗剤をご使用ください。
上記工程は、壁紙の材質がビニールのみ適用します。

1. 中性洗剤を希釈したものを、スポンジに染みこませて硬く絞る1. 中性洗剤を希釈したものを、スポンジに染みこませて硬く絞る 2. 軽くこする2. 軽くこする 3. 乾拭きをする3. 乾拭きをする

壁紙の汚れが頑固

準備するもの
  • ・スポンジ(キッチンで使用しているものでOK )
  • ・中性洗剤(キッチンで使用しているものでOK )
  • ・タオル、雑巾(乾拭き用)
  • ・スプレー
  • ・燃料用アルコール(らくがき落とし等)
手順
  1. 1. 前項「壁紙が汚れたとき」の手順1~4を行います。
  2. 2. 燃料用アルコールを汚れている部分に垂れない程度にスプレーし30秒浸します。
  3. 3. 水で硬く絞ったスポンジで軽くこすります。
  4. 4. 乾拭きします。
注意点
強くこすりすぎると、壁紙が破けたり壁紙を痛める原因になりますので、力を入れずに優しくこすることがポイントです。
強い洗剤を使用するとしみ・汚れの原因になるため、必ず市販の中性洗剤をご使用ください。
上記工程は、壁紙の材質がビニールのみ適用します。

2. 燃料用アルコールをスプレーする2. 燃料用アルコールをスプレーする 3. スポンジで軽くこする3. スポンジで軽くこする 4. 乾拭きする4. 乾拭きする

壁紙が捲れてきた

準備するもの
  • ・施工用ローラー
  • ・ボンドコーク(壁紙の色に合っているもの)
  • ・スポンジ(水を染みこませ絞ったもの)
  • ・タオル、雑巾(乾拭き用)
手順
  1. 1. めくれている壁紙の下の板に少量のボンドコークを塗ります。
  2. 2. ローラーで馴染ませます。
  3. 3. 隙間からはみ出たボンドコークをスポンジで拭き取ります。
  4. 4. 綺麗に拭き取れたらタオルで乾拭きします。
注意点
はみ出したボンドコークの拭き残しがあると、しみ・汚れの原因となります。

1. 壁紙の下の板にボンドコークを塗る1. 壁紙の下の板にボンドコークを塗る 2. ローラーで馴染ませる2. ローラーで馴染ませる 3. はみ出たボンドコークを拭き取る3. はみ出たボンドコークを拭き取る

壁紙が剝がれてきた

準備するもの
  • ・同じ種類のクロス
  • ・施工用ローラー
  • ・定規 (15センチ程度)
  • ・カッター(小サイズ)
  • ・クロス糊
  • ・ボンドコーク(壁紙の色に合っているもの)
  • ・スポンジ(水を染みこませ絞ったもの)
  • ・タオル、雑巾
手順
  1. 1. 傷の部分の壁紙を四角く切り取ります。
    ※カッターを強く当てすぎないように注意してください。
  2. 2. 貼り替える壁紙にクロス糊を塗ります。
  3. 3. 用意した貼り替える壁紙を、剥れている部分を隠すように貼り付けます。
  4. 4. 上に貼り付けた余分な部分の壁紙を、定規を使用して丁寧にカットします。このとき下の壁紙も一緒に切り込みを入れます。
    ※カッターを強く当てすぎないように注意してください。
  5. 5. 上に貼り付けた余分な壁紙を丁寧に取ります。
    ※余分な壁紙が切れていない場合は、無理に引っ張らず「手順4」を繰り返してください。
  6. 6. 手順5でカットした壁紙を一時的に剥がします。この後の手順で使用するため汚れない場所に置いておきます。
  7. 7. 手順6で剥がした壁紙を、切り取った部分に合わせて貼りあわせます。糊が全体にまわるようローラーで馴染ませます。
  8. 8. 隙間からはみ出したボンドコークをスポンジで拭き取ります。
  9. 9. 綺麗に拭き取れたらタオルで乾拭きします。
注意点
全ての工程を丁寧に行いましょう。
はみ出したボンドコークの拭き残しがあると、しみ・汚れの原因となります。
壁紙に付着したボンドコークはしっかりと拭き取ってください。

1. 傷の部分の壁紙を切り取る1. 傷の部分の壁紙を切り取る

2. 貼り替える壁紙にクロス糊を塗る2. 貼り替える壁紙にクロス糊を塗る

3. 貼り替える壁紙を、剥れている部分を隠すように貼り付ける3. 貼り替える壁紙を、剥れている部分を隠すように貼り付ける

4. 上に貼り付けた余分な壁紙をカット4. 上に貼り付けた余分な壁紙をカット

5. 余分な壁紙を取る5. 余分な壁紙を取る

6. 手順5でカットした壁紙を一時的に剥がす6. 手順5でカットした壁紙を一時的に剥がす

7. 手順6で剥がした壁紙を切り取った部分に合わせて貼り、糊が全体にまわるようローラーで馴染ませる7. 手順6で剥がした壁紙を切り取った部分に合わせて貼り、糊が全体にまわるようローラーで馴染ませる

PICK UP

  • リコット三河安城東町
    リコット三河安城東町
    三河安城駅徒歩9分。
    三河安城小学校徒歩圏の子育て安心エリア
  • スタッフ紹介
    スタッフ紹介
    フジケンのスタッフをご紹介いたします。
  • リコットタワー新安城
    リコットタワー新安城
    新安城エリア最高層
    免震タワーマンション
  • ZERO-CUBE資料請求キャンペーン
    ZERO-CUBE資料請求キャンペーン
    1,000万円からはじまる、新しい家づくりのカタチ
    まずは資料請求でZERO-CUBEについてもっと詳しく
  • オーナーズサイト
    オーナーズサイト
    お家のメンテナンスやリフォームの相談などはこちらから
  • エネファーム
    エネファーム
    フジケン推奨の「エネファーム」。
    当社モデルケースのご案内
  • リコット豊田日之出
    リコット豊田日之出
    豊田市駅 1km圏
    モデルルーム事前案内会開催
  • 地域ビルダー部門No.1
    地域ビルダー部門No.1
    2016年度住宅販売において地域ビルダー部門<岡崎市>No.1の認定をいただきました
  • &mama
    &mama
    家事をして、育児もする奥様に向けた住まいの提案。それがフジケンの「&mama」です。
  • ZEH
    ZEH
    住まいの省エネ性能を上げることで一次消費エネルギー量をゼロにする。ネット・ゼロ・エネルギーハウスについての紹介です。

メニュー